ウェディングアイテムは思い出にもなるからということで自分で手作りをしたり、買い取ったりすることもできます。
しかし手作りをする時間もないし買取もしたくないというのであれば、レンタルという方法もあります。
実は意外と借りることができるものは多くあり、低コストでより可愛く、華やかな結婚式にすることができます。
当サイトでは結婚式に当たってどんなものを借りることができるのかについて紹介していきたいとおみます。

ウェディンググッズでレンタル可能なアイテム

ウェディンググッズでレンタル可能なアイテム 実は思っているよりも色んなウェディングアイテムをレンタルすることができます。
一般的な衣装やアクセサリーだけではなく、机やソファ、ラグ、受付で使うようなアイテム等様々なものがあるのです。
インテリアとして使うことができるものもウェディングアイテムとしてレンタルすることができるため、自分の望む結婚式に近付けることができます。
生花にこだわりがないのであれば、造花のブーケや花冠もおすすめです。
生花よりもグッと費用を抑えることができて、ボリュームもあって華やかなものを使用することができます。
最近ではインターネットでも専門業者を見付けられるため、簡単に利用することも嬉しいところ。
買取が良い!というのでなければレンタルもおすすめですよ。

ウェディングドレスはレンタルがおすすめなの?

ウェディングドレスはレンタルがおすすめなの? 花嫁の憧れ、ウェディングドレス。
購入となると高そうなイメージがありますが、実際にはレンタルとどのくらい差分があるものなのでしょう。
まず、単純に費用だけで比べてみるとウェディングドレスレンタル代は22万円、購入代は24万円と思ったよりも差分はありません。
さらに貸し衣装を選んだ女性がドレス着用にかけた費用は、大抵の場合が25万円から30万円の間と言われています。
購入派は20万円から25万円と控えめです。
意識が違ってくるのか、ドレスへの金額負担は異なってきます。
「高くてもリーズナブルな価格でドレスを着ることが出来る」という理由が、レンタル派の女性の最も多い意見です。
普段なら手が届かない豪華な衣装やブランドものの衣装は、こうした時でなければ着用出来ないでしょう。
半面、他の花嫁さんと重複してしまった、というケースも見られます。
汚してしまうとクリーニング代も発生しますから、慎重に扱う必要があるのです。
購入派の場合、海外ウェディングなど多少汚しても構わないという状況で挙式を行った、という女性が多くなります。
シンプルなドレスでも、リメイクすればパーティー用として着られるという現実的な意見もありました。
自分がどのような状況で式を執り行うかも、判断の決め手となるようです。

ウェディングドレスのレンタルの大まかな流れ

ウェディングドレスのレンタルの流れは、まずショップに問い合わせをしてから利用することが重要です。
実店舗の場合、メールやSNS、電話などで予約を入れます。
オンラインの場合には問い合わせをして気になる商品の在庫があるかどうか確認してから申し込んだほうがいいため、事前に問い合わせをすることが一般的です。
店内ではその場にある衣装を試着し、どれにするのか決めてから申し込みをすることになります。
オンラインの場合にはショップで気に入ったウェディングドレスを見つけ、サイズがあるか確認してから申し込みをするため、実店舗とそれほど変わりはありません。
店舗ごとにセット割引として式の時に使う小物類を安く提供していることもあるため、確認するとさらに割安な料金で利用できます。
オンラインの場合は届くまで待ち、当日着付けやメイクをしてもらうことになりますが、実店舗の場合は当日受け取りか事前に受け取る、あるいは店舗で着付けてもらうなどのサービスを行っているところもあるため、参考にしてください。

ウェディングドレスはレンタルを活用しよう!

一生に一度だし…とウェディングドレスを購入するか考える方も多いですよね。
ただ、やはり懸念点は予算です。
国内・海外と2度以上結婚式を挙げる方は購入した方がお得な場合もありますが、殆どの方が1度切りです。
その場合は、レンタルをお薦めします。
雑誌やネットなどで自分好みのデザインを探し、似たウェディングドレスを見つけるのも賢いレンタル活用法です。
憧れのブランド品が予算内に収まることもしばしばあります。
収納場所や保管方法に困る心配もありません。
「こんなドレス、予算いくら以内でありますか?」と問い合わせてみるのも手でしょう。
またコレ!と思ったデザイン以外のドレスも気軽にお試し出来るのも良い点です。
自分の考えに固執せず、色々なデザインドレスを試着し体型や年齢、自分の雰囲気に合うドレスを探せるのもメリットになります。
予算が余れば、結婚式以外でも使用出来そうな小物やアクセサリー類にお金を掛けるのも賢い案でしょう。

ウェディングのアクセサリーのレンタルについて

ウェディングドレス姿をより美しく魅せるために役立つのか小物類ですが、レンタルをする場合にはアクセサリーを始めとした小物の取り揃えも確認するべきです。
小物類の持ち込みにも全て持ち込み料が発生するところもあれば、小さな物なら無料で持ち込むことが可能という場所もあります。
購入よりも金銭面の負担を抑えることができるのはもちろんのこと、式が終わったら返却すればよいので保管場所や保管方法で頭を悩ませる必要もありません。
式場の提携しているショップでレンタルすることにより、返却も簡単というのも良い点ではないでしょうか。
ウェディングドレスを選ぶ時には借りることが出来るアクセサリー類にも注目しておき、花嫁の魅力をより惹きたてることが出来て満足できるのかという点に注目しておく必要があります。
持ち込みたいアイテムがある場合には、料金の変動も必ず確認しておきトータル費用を比較した上で、最適なお店で借りることがポイントです。

ウェディングのレンタルの費用削減のコツとは

結婚式場を選ぶ時には式場でレンタルできる衣装に関してもチェックしておくべきであり、衣装の取り揃えはそれぞれ違いがあります。
外部から持ち込むことも可能となっているところが大半ですが、持ち込み料が発生するなど金銭面の負担が大きくなることかあるので気を付けましょう。
契約してからレンタルしたい衣装がないと気がついたり持ち込みが不可と知っても手遅れなので、ウェディングの費用削減を考えるのであれば契約する前に確認しておくことがポイントとなってきます。
もちろんウェディングドレスの種類やプランによっては、追加費用が発生する場合もありです。
持ち込めば安くなると考えてしまいがちですが、持ち込んだことによってかえってトータル費用が高額になってしまう可能性もあるので気をつけましょう。
早い段階で予約することにより、早割をはじめとしたお得なプランを利用できる可能性も高まるので、早い段階で探しはじめたり予約することもポイントです。

レンタルのお洒落なウェディング衣装について

ウェディングドレスはもちろん結婚式に参列する予定があるゲストの立場でも、近年では購入ではなくレンタルを選ぶ人が増えており、借りることが出来るショップが多くなったのはもちろんのこと、最先端でお洒落な衣装も気軽に借りることが出来るようになりました。
購入するよりも金銭面の負担を軽減させることが出来るのは勿論のこと、借りた後にはクリーニングなども不要で返せば良いだけになっているショップが大半であり、クリーニング費用も不要で手間がかからず、保管場所や保管方法で頭を悩ませる必要もありません。
ウェディングドレスの場合には、すでに仕上がっているものから選ぶ方法もあれば、オーダーメイドが可能となっているレンタル店やプランもあります。
当然お店により扱ってあるドレスのデザインだったり、料金には大きな差が生まれるのでしっかり比較して選ぶことが大切です。
頻繁に着る機会があるものではないからこそ、早めに準備を進めることが大切です。

結婚式に関する情報サイト

神戸 ウェディング

新着情報

◎2021/11/30

情報を追加しました。

> ウェディングドレスのレンタルの大まかな流れ
> ウェディングドレスはレンタルを活用しよう!
> ウェディングのアクセサリーのレンタルについて
> ウェディングのレンタルの費用削減のコツとは
> レンタルのお洒落なウェディング衣装について

◎2021/4/15

アクセス良好な立地
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

ガーデンウェディングの魅力
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

衣装はレンタル
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

パーティー用の靴はレンタルで
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「ウェディング グッズ」
に関連するツイート
Twitter

コラボのウェディングドレス、1着39800 RMBらしい 約20万元NTD/80万日本円…グッズ…????

ウェディングドレスをグッズとして企画して、そのデザインで絆を出すのに、PVでは隕石降ってくるの? それ、情緒と感情のアップダウンに着いていけないんじゃ⋯? さすが、恋ぷろくん⋯!😭🙏🏻😭🙏🏻(褒めてる?)←多分?

4周年でウェディングドレスなんてとんでもないものをグッズ化してしまって、5周年は一体何がくるんだろう……………本体? とか思った時点でもうダメです

ウエディングドレス(実物)がグッズとしてご用意される乙女ゲー……

ウェディングのイラスト単体でなんかグッズだして……